大会名 第2回維新の里萩城下町マラソン
開催日・天候 2001年12月16日(日)・晴
開催地 山口県萩市・萩スタジアム
部門 ハーフマラソン、10km、5km、2km(小学生、ファミリー)
参加者 桜井、Dr.かとちゃん、中村、原田
テツ、みっちー、和崎・・・ハーフマラソン
ぐっち・・・10km
コース概要 萩市郊外の運動公園(萩ウェルネスパーク)内にある「萩スタジアム」が主会場。 ハーフマラソンは、運動公園前の国道262号線をスタートし、阿武川〜松本川沿いに 市内を北上、菊ヶ浜から萩城址に入り、コースを折り返して萩スタジアムにゴール。
スタジアムに上るラスト1km(高低差20m程度)を除き、コース上に目立ったアップダウン はない。前方の見通しも「青島太平洋マラソン」ほど良すぎないため、非常に走りやすい。
参加賞 Tシャツまたは萩焼カップ
ゴール地点にしょうが湯
フグ鍋またはアンコウ鍋のサービス
コメント 昨年発足し今年が第2回目。同日開催の「防府読売マラソン」と共に山口県の年末を締めくくる マラソン大会。今年は、幕末の戊辰戦争以来長州=山口県とは犬猿の仲と言われる福島県の 会津若松市からランナーが参加し、地元ではちょっとした話題になった。また、 下関市の現職市長である江島潔氏が昨年に引き続きハーフマラソンの部に参加している。
皆さんお疲れさまでした。第二回の萩城下町マラソンは少し寒かったけど走りやすい 天候とコースだったと思います。私は先週のハーフより約2分半早くゴールできました。 今回は山口URCから7名がエントリーしました。みっちー選手が少し不調、またテツ選手は チップを着け忘れて取りに行ったため約5分遅れでスタートしています。 それから、みっちー選手に初めて抽選で賞品が当たりました(ナンバーカードの末尾の数字)。 萩焼の湯飲みです。おめでとうございます。
(桜井)

1999年の「むさしなのはな」についで、2度目の後方スタートをしてしまった。
スタート10数分前にチップの付け忘れに気付き、車のキーを持っているわっくんを みっちーさんと探すもなかなか会うことができず、やっと会ったのは3分前?キーの場所を 聞いて車に戻ったあたりでスタートの号砲が、結局5分近く遅れてのスタートに。
スタート直後は沿道から頑張ってという声援を一人で受けるも照れくさくて早く前に追い付き たい思いだけだった。そして1km過ぎたあたりで後方に追い付き、これから何人抜けるか、 さくらさんには追い付きたいなどと思いを巡らしながら前を追った。
もちろん、この時URCのメンバーは1km以上前方で、コースは3km余り先で橋を渡り 川向こうをこちらに向かっているが遠くて確認できない。キーを捜して動き回ったのが いいアップになったのか、昨年より感触は良かったのであるが、タイムはそうでもなく、 さくらさんに追い付いたのは残り3km地点でした。あとはゴール前の坂で中村さん (石城山アドベンチャーでカードナンバー28)に追い付いたものの、結局1:34:40 (40歳代72位)でフィニッシュ。
久しぶりにマメが数箇所できるし、駅伝の時もそうであったが変に力が入っているようだ。 これで、今シーズンのかとちゃんとの対戦成績は2勝4敗になりました。次は・・・。
(テツ)
記録
選手名 部  門 タイム 順 位 備  考
桜井 ハーフ50-59歳 1:36:13 35/230 部門/総合
Dr.かとちゃん ハーフ40-49歳 1:27:15 25/70
テツ 1:34:40
(約5分遅れ)
72/200
中村 1:34:58 75/206
原田 1:46:06 129/403
和崎 ハーフ39歳以下 1:29:57 58/108
みっちー 1:31:55 71/147
ぐっち 10km29歳以下 0:53:34 4/238
利用温泉 阿武川温泉
その他 ぐっち選手は仕事の関係で1月から福岡県に転居となるが、今後も機会があれば山口県の レースに参加するとのこと。今後ともよろしくお願いします。
九州での大会参加レポートもよろしく!