山口大学 共同獣医学部

About Us

消化管粘膜上皮細胞の微小環境を科学する

消化管は不思議な臓器で,生体内に有りながら生体外と直接つながっているため,様々な異物やバクテリア,食物抗原にさらされる環境にあります。そのため,粘膜上皮細胞が関連する病気は数多くあり,たとえば下痢,炎症性腸疾患,がん等がその代表例です。消化管粘膜上皮細胞はコントロールされた死と再生を繰り返すことで常に新しい細胞へと作り替えられ,それらの異物に対する一次防波堤として働いています。私達は,粘膜上皮細胞が自分自身をコントロールしているだけではなく,細胞の周囲の環境(微小環境:nitche)により強く制御されていると考えています。獣医薬理学研究室では,その制御機構を解明するために,粘膜上皮細胞とそれに近接する筋線維芽細胞に焦点を絞って,細胞自身とその微小環境に関する研究を行うとともに,細胞内制御機構のスイッチとしての役割を果たすタンパク質のリン酸化を,脱リン酸化制御(ホスファターゼ制御)機構の観点から研究を行っています。これらの研究の詳細についてはこちらをご覧下さい。

What's New

                                         これまのでニュース