山口大学 大学研究推進機構 総合科学実験センター
   システム生物学・RI分析施設

 国立大学法人 山口大学 規則集のウェブサイト「第1編 組織および運営 → 第7章 学術研究」にあります(学内専用)。

I. 山口大学放射線障害予防規程
山口大学 大学研究推進機構 総合科学実験センター
   システム生物学・RI分析施設

 国立大学法人 山口大学 規則集のウェブサイト「第2編 部局等 → 第2章 全学教育研究施設 → 第4節 総合科学実験センター」にあります(学内専用)。

II. 山口大学総合科学実験センターアイソトープ分析施設放射線障害予防規程

1)放射線取扱者登録

 RI実験のために施設利用を希望する者は、年度の初めに放射線取扱者登録申請を各部局の担当者に提出する

2) 実験計画書の提出(研究経費をもつ教員に限る)。

当施設でのRI実験を希望する者は,実験計画書に所定事項を記入の上,管理者に申し込むこと。

3)教育訓練

 新規登録者は講習会を受講すること(毎年6月開催,講習会および実習,計6時間)。

 継続利用者は、定期教育訓練を受講すること(毎年4月開催)。

4)健康診断

 新規、継続共、健康診断を受診または問診票を記入、提出すること(新規登録者は血液検査を含む受診。継続者は問診票記入後,診察の要否を判定)。

5)利用者分担金

 施設の利用者は年度末に利用者分担金を支払うこと。

   登録料(初回登録時のみ、次年度以降は不要):     教官  ¥10,000学生   ¥2,500

   利用料:   実験台 1.8 mあたり      1ケ月 ¥2,500

動物飼育用環境制御装置 1日 ¥3,000

CO2インキュベータ         1日  ¥230

6)利用時間

 利用時間は、日曜、祭日を除く9:00~20:00とする。(入退室管理システムにより時間外は入室できないように設定されている。)

管理区域内の滞在時間は1日あたり8時間を越えないこと。

貯蔵室および廃棄物保管庫の滞在時間は合わせて1日あたり30分を越えないこと。

 時間外に利用したい人は事前に管理室まで届け出ること。

7)各所属部局でガラスバッジを用意し、管理区域に滞在する間、着用すること。

8)使用核種および使用数量

核種

年間最大使用数量

Mbq )

三月最大使用数量

Mbq )

一日最大使用数量

Mbq )

I-125

800

200

20

P-32

4,000

4,000

100

P-33

4,000

4,000

100

S-35

2,000

2,000

30

H-3

5,000

5,000

100

C-14

2,000

2,000

50

Cr-51

185

185

3.7


ただし、動物実験室および低温室の年間最大使用数量、三月最大使用数量および一日最大使用数量はいずれの核種についても上記の1/10(内数)である。

9)RIの購入

RIを購入する時は、注文用のファックス用紙に必要事項を記入の上,放射線取扱者の承認を得て(捺印を得る),契約課にファックス用紙を送り,発注手続きを行う。利用者が直接アイソトープ協会に注文してはならない。(ただし,発注手続き前に必ず協会に電話し,在庫確認して下さい)

10)入荷したRIは,必ずその日のうちに管理番号、所属、氏名、核種、放射能を記載し,貯蔵室に保管すること。

11)一日最大使用数量を超えないこと。

一度貯蔵室から実験室へ持ちだしたRIは、保管廃棄するまで毎日使用状態となっている。一日最大使用数量の計算に入っていることに注意すること。

12)実験室にRIを保管してはならない。

その日の実験が終了したら,すべてのRIを貯蔵室または廃棄物保管庫に保管すること。但し、実験中のもの(オーバーナイトのインキュベーション等)はこの限りではない。

13)ガラスバッジの着用

管理区域に滞在する間、必ずガラスバッジを着用すること。

14)管理区域内では、黄色スリッパを履き、 RI使用時には黄衣とゴム手袋を着用のこと。

15)実験後の汚染検査(実験台,器具,機器)

実験後は使用した機器,器具,実験台,床,流し等に汚染がないことをスメアテスト等で確認すること。

汚染を発見したら直ちに管理者に連絡すること。連絡せず,勝手に除染作業を行ってはならない。

16)退出時には、

(1) 手洗いを行い,ハンドフットクロスモニタにより手の表面,スリッパの裏,実験着に汚染がないことを確認すること。

(2) その日の作業内容、使用したRIの番号、核種、量、および放射性廃棄物の種類、量等、必要事項を所定の用紙に記入すること。

(3) 黄衣着用のまま、管理区域を出ないこと。

17)学生がRIを使用する時は、指導教員が責任をもって指導、および終了後の点検を行うこと。

18) 機器を使用する時は予約すること。 予定が重なる場合は利用者間で調整して下さい。

19)管理区域内にない機器は各自持ち込んで使用してもよい。

持ち込んだ機器を使用していない時に、使用希望者がいる場合は、特別な理由のない限り、共同利用とすること。

管理区域に持ち込んだ機器を持ち出す場合は、各自汚染検査をし、結果を所定の用紙に記録すること。

汚染があった場合は管理者に連絡し,除染してから持ち出すこと。除染できない場合は持ち出してはならない。

20) RI廃棄物は各自分類(下記24)参照)し、廃棄物保管室に保管廃棄すること。廃棄物を入れる容器はアイソトープ協会製のドラム缶の内容器(ポリプロピレン製、20 リットル入)とし、入れた廃棄物を記録(日付、所属、氏名、核種、量)し、各自管理すること。実験中一時的に廃棄物を入れる時は、透明ビニール袋を用いること。

21)感染性のものが付着しているRI廃棄物は、滅菌処理後廃棄すること。

22)動物廃棄物(糞尿を含む)は乾燥処理後、保管廃棄とすること。

実験終了後の動物屍体の凍結保存は廃棄ではなく、使用中(実験継続中)とみなされる。凍結保存の状態で長期保存しないこと。

23)放射性有機廃液は焼却処分とする。発生量が少ない場合は、管理者側で焼却するが、大量に発生させる人は、各自焼却すること。

24)廃棄物の分類は次の通りである。間違いのないように分類すること。

可燃物:紙、布、木(いずれも乾燥状態のもの)。クギを混入させないこと。破砕、圧縮等の処理をしないこと。

難燃物:プラスチックおよびゴム製品(但し、塩化ビニール、テフロン、シリコンゴムを除く)。容器の場合、中の液体を残さないこと。アルミ箔を混入させないこと。破砕、圧縮等の処理をしないこと。

不燃物:金属、ガラス、塩化ビニール、テフロン、シリコン製品。注射針は、まとめて空缶等に入れる。破砕、圧縮等の処理をしないこと。

動物廃棄物:動物屍体、糞尿、および糞尿を分離できない敷わら、おがくず。いずれも乾燥後、指定のチャック付ポリ袋とポリプロピレン製内容器に入れること。

無機液体:指定のポリびんに入れること。水溶液のみとし、有機溶媒を入れてはならない。pHは2以上とすること。ポリびんの肩以上に入れないこと。

25)廃棄物の引き取り手数料(日本アイソトープ協会の廃棄物集荷料金)は各自負担すること。ドラム缶1コ(容量50リットル)あたりの引き取り手数料は下表の通り(日本アイソトープ協会の料金に消費税を加算した額)。廃棄物の体積がドラム缶1コ分に満たない場合は,体積に比例して課金する。

分類

容器

消費税込み料金(円)


可燃物

50L

34,668


難燃物

50L

43,632


不燃物

50L

67,068


非圧縮性不燃物   

50L

125,820


動物

50L

36,612


無機液体

25L

48,168


有機液体

25L

¥145,800

*ドラム缶1本あたりの放射能制限値

   3H、14C、125I、131I       ≦40 MBq

   その他の核種           ≦400 MBq

  但し、無機液体については、

   3H、14C、125I、131I       ≦2 kBq/ml

   その他の核種           ≦20 kBq/ml

  これを超えると割り増し料金が加算される。

 *重量制限:ドラム缶1本あたり22 kg(正味11 kg)。これを超える可燃物、難燃物は不燃物料金となる。

26)実験室に一般ゴミ(非放射性)用のゴミ箱は設置しない(放射性廃棄物を間違えて捨てるおそれがあるため)。各自、黒ビニール袋にまとめ、持ち帰ること。

27)各自、定期的に清掃、かたづけを行うこと。

28)万一、汚染事故、その他のトラブルが発生した時は、すみやかに放射線取扱主任者に連絡すること。

  放射線取扱主任者                  真野 純一  Tel:083-933-5945

29)その他、法令および山口大学放射線障害予防規則に従うこと。







 
III. アイソトープ分析施設利用の手引き