第21回山口地域社会学会(平成21年7月11日)のご案内



 


 
 21世紀を迎え、私たちの地域社会は、いま少子・高齢化、分権化、情報化、国際化などさまざまな課題を抱えるようになりました。山口県においても、高齢化や少子化はきわめて難しい状況にあります。

 現在の地域社会は、高度経済成長時代のものとは質的に違った課題を抱えています。たとえば、文化や経済のグローバル化、情報機器を利用してのネットワーク化の推進、環境保護、そして住民の積極的参加による地域社会づくりなどを必要としています。その課題の対象も、社会システム全体から地域社会、個人にいたるまで、裾野はきわめて広くなっており、いままでになかった新たな視点が要求されています。

 山口大学人文学部に所属し、社会学を研究領域としている私たちは、いま現在、地域社会がどのような問題を抱えているのか、解決策はどのようにすればよいのか、これからの地域社会のあり方をどのように展望するかなど、地域社会の抱える課題に応えるために、「山口地域社会学会」を設立することにいたしました。

 この「山口地域社会学会」の場を、社会学をはじめとする社会現象に関心を持つ研究者や地域づくりの実践者らが、地域社会の中で連携して共に地域の課題に迫っていくために活用し、知と地域社会の架け橋が形成されることを期待しつつ、一人でも多くの方に学会への参加を呼びかけたいと思います。

呼びかけ人
山口大学人文学部 教授  小谷 典子
山口大学人文学部 教授  辻 正二
山口大学人文学部 教授  横田 尚俊
山口大学人文学部 准教授  高橋 征仁




お問合せ先

〒753-8040 山口市吉田1677−1
山口大学人文学部 山口地域社会学会事務局
電話・FAX 083−933-5245