学会賞
役員一覧
入会
学術講演会
奨励賞
総会・評議員会
会則
リンク
ホーム

山口大学医学会会則
第1章総則
第1条本会は山口医学大学会と称する。
第2条 本会の事務局を山口大学医学部(以下「医学部」という。)内に置く。
第2章目的及び事業
第3条 本会は医学の研究を推進し,会員相互の学識を高め,あわせて会員相互の連絡提携を図り,もって医学の進歩に寄与することを目的とする。
第4条 本会は前条の目的を達成するため,次の事業を行う。
一 学術講演会の年2回開催
二 会誌「山口医学」の刊行及び配付
三 研究の奨励及び研究業績の表彰
四 その他目的を達成するために必要な事業

2 前項第2号,第3号及び第4号に関する事業の規定は別に定める。

第3章会員
第5条

医学部の教職員,医師,医学研究者及び関係団体並びに機関で本会の趣旨に賛同するするものは,全て本会の会員となることができる。
2 前項に定めるもののほか,第11条第1項第3号に規程する評議員から推薦されたものは,本会の会員になることができる。
3 入会を希望するものは,本会事務局に所定の申込手続をするものとする。

第6条 本会の会員の種別は次のとおりとする。
一 正会員
二 名誉会員
三 賛助会員
2 正会員は,会費年額 5,000円を納める個人とする。ただし,大学院学生及び学部学生である会員は会費年額 3,000円とする。
3 名誉会員は,本会に持別の功労のあった者で,会長が推薦し総会の承認を経たものとする。名誉会員は,会費を納めることを必要としない。
4 賛助会員は団体及び機関とし,会費年額1口 7,000円を,2口以上を納めるものとする。
第7条

正会員は,会費を前納しなければならない。
2 前納の会費はいかなる場合でも返還しない。

第8条

正会員及び名誉会員は本会の会誌に投稿し,また学術講演会において研究発表をすることができる。
2 「山口医学」の掲載論文の著者はすべて,本会会員でなければならない。
3 学術講演会における筆頭発表者は,本会会員でなければならない。

第9条

会費を2ケ年以上滞納した者は評議員会に諮り,1ケ月の猶予期間の後,会長がこれを退会したものとみなす。

第10条

その他本会の入退会に関する事項は別に定める。

第4章役職員
第11条

本会に次の役員及び職員を置く。  
一 会   長  1 名
二 副 会 長  1 名  
三 評 議 員  若干名
四 総務幹事   2 名  
五 編集幹事   若干名
六 会計監事   2 名  
七 職   員  若干名
2 会長は,医学部長をもって充てる。
3 副会長は,第1項第3号に規定する評議員の互選によりこれを選出する。
4 評議員は,評議員会の議を経て,総会において選出し,会長がこれを委嘱する。
5 第1項第4号,第5号及び第6号に規定する役員は,評議員会において選出する。
6 その他役員に関する事項は別に定める。

第12条

会長は本会を代表し,かつ,本会会務を総括する。
2 副会長は,会長を補佐し,会長事故あるときは,その職務を代行する。
3 評議員は,会長の諮問に応じ,本会の重要な事項を審議する。
4 総務幹事は本会運営上の庶務,会計,集会,記録等を担当する。
5 編集幹事は会誌「山口医学」の編集及び発行を担当する。
6 会計監事は,本会の会計を監査する。
7 職員は幹事の指示に従い日常の事務に従事する。

第13条

副会長,編集幹事,会計監事の任期は2年とし,総務幹事の任期は1年とする。ただし,再任を妨げない。また,評議員には,当分の間,任期は設けないが,評議員の職を果すことができない理由があるときは辞任することができる。

第14条 補欠または,増員により選任された役員の任期は前任者又は現在者の残任期間とする。

第15条 本会の役員は無給とし,職員については有給とすることができる。
第5章会議
第16条 通常総会は年1回会長が招集する。臨時総会は評議員会が必要と認めたとき,又は会員の10分の1以上の要求があったときに開く。
第17条 総会その他の役員会の議長は,会長がこれにあたり会長,副会長ともに事故あるときは,その都度,出席者の互選によってこれを定める。
第18条 総会は,会員の10分のl以上の出席がなければ会議を開き議決することができない。ただし,当該議事 について,あらかじめ文書をもって出席者に議決を委任することができる。この場合出席したものとみなす。
第19条 次の事項は評議員会の議を経て通常総会に提出し,その承認を受けなけれげならない。
一 事業計画及び収支予算に関する事項
二 事業報告及び収支決算に関する事項
三 財産目録に関する事項
四 規則改正に関する事項
五 その他評議員会において必要と認めた事項
第20条 総会の議決事項は会員全員に通知しなければならない。
第21条

本会に会長,副会長及び評議員により組織する、評議員会を置く。
2 評議員会は,この会則に定める事項を審議する。
3 評議員会は,必要に応じ会長が招集するものとし,会長は,評議員の3分のl以上から会議に付議すべき事項を示して,評議員会の招集を請求された場合には,すみやかに評議員会を開催しなければならない。

第22条 評議員会は,評議員の5分のl以上の出席がなければ会議を開き議決することができない。ただし,当該議事について,あらかじめ文書をもって出席者に議決を委任することができる。この場合出席したものとみなす。
第23条 本会に会長,副会長,総務幹事及び編集幹事の内の「山口医学」編集委員長により組織する,役員会を置く。
2 前項に規定する役員会は,少なくとも年2回,年度初め及び評議員会前に開催する。
第24条 会議の議決は,すべて出席者の過半数をもって決し,可否同数のときは,議長がこれを決める。ただし,総会において規則改正又は本会解散に関する事項を議決するときは,出席者の3分の2以上の賛成を必要とする。
第6章資産及び会計
第25条 本会の資産は次のとおりとする。  
一 会   費
二 別紙財産目録記載の財産
三 事業に伴う収入
四 資産から生ずる果実
五 寄附金品
六 その他の収入
第26条 本会の資産は総会の議決を経て,会長が管理する。
第27条 本会の事業計画及びこれに伴う収支予算は毎会計年度開始前に会長が編成し,総会の承認を求めなければならない。ただし,決算については会計監事の監査を求めなければならない。
第28条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり,翌年3月31日に終わる。
第7章補則
第29条 本会は,各期毎に日本学術会議に加入登録を行うこととする。
附  則  本会則は昭和48年7月22日より実施する。
附  則 本会則は昭和63年7月24日より実施する。
附  則  この会則は,平成8年7月27日から施行する。
HOME > 山口大学医学会会則

山口大学医学会内規
第1条 この内規は,山口大学医学会会則(以下「会則」という。)第10条及び第11条第6項の規定により, 入退会及び役員に関する事項を定めることを目的とする。
第2条 会員調査及び会費の徴収は,毎年4月にこれを行う。
第3条 入退会の手続きは,随時山口大学医学会事務局において行う。
第4条本会会員でない新任教授及び新任助教授は,着任時直ちに入会することを原則とする。
第5条 副会長は,山口大学医学部(以下「医学部」という。)選出の山口大学評議員の中から,会長が評議員会に推薦する。
第6条 元医学部教授は,本会の名誉会員とする。
第7条 会則第11条第1項第3号に規定する評議員を,学内評議員及び学外評議員に区分する。
第8条 関連病院及び関連施設は賛助会員とし,その病院長及び施設長を学外評議員とする。
2 霜仁会は賛助会員とし,会長,副会長及び支部長を学外評議員とする。
第9条 会則第11条第1項第4号に規定する総務幹事は,医学科の基盤系及び展開系教授、保健学科教授、各1名が務めるものとする。 医学科については,原則として建制順に務めるものとする。保健学科については、原則として先任順に務めるものとする。
第10条 賛助会員の会費は,会則第6条第4項の規定に関わらず,当分の間1か年1口以上とする。 ただし,霜仁会については,複数口を納入する。
第11条 第6条に規定する学内評議員は,次に掲げる者とする。
一 本学部教授
二 本学部助教授
三 本学部関係者
3 前項第3号に規定する評議員は,会長がこれを推薦する。
第12条 第6条に規定する学外評議員は次に掲げる者とする。
一 山口県健康福祉部長
二 山口県医師会長
三 宇部市医師会長
四 元医学部教授
五 元医学部関係教授
六 関連病院院長
七 関連施設施設長
八 霜仁会会長
九 霜仁会副会長
十 霜仁会支部長
十一 その他評議員会で認められた者
第13条 この内規に定めるもののほか,入退会に関し必要な事項は,役員会及び評議員会の議を経て総会において決定する。
附 則
この内規は,平成8年7月27日から施行する。
附 則
この内規は,平成14年7月20日から施行する。
HOME > 山口大学医学会会則 > 山口大学医学会内規