山口医学
学会賞
役員一覧
入会
学術講演会
奨励賞
総会・評議員会
会則
リンク
ホーム


学術講演会奨励賞について


奨励賞とは

山口大学医学会では、平成16年度総会の議決を経て、学術講演会奨励賞をを設立いたしました。

本学術講演会において演題発表を行った者のうち、2名の優れた演題発表を行った者に対して、 今後の更なる学術発展を期待して特別に表彰するものです。

平成17年7月16日に開催の第103回山口大学医学会学術講演会におきましても、 この奨励賞は演題発表を行った者のうち、2名の優れた演題発表を行った者に対して授与されます。奮ってご応募下さい。



受賞者

第102回、第103回山口大学医学会学術講演会において、奨励賞を受賞されたのは下記の方々です。

第103回山口大学医学会学術講演会
奨励賞受賞者

天野貴之(高次統御系・脳神経外科学)
立野博也(済生会下関総合病院)

第102回山口大学医学会学術講演会
奨励賞受賞者

高見太郎(分子制御系・内科学第一)
鄭旭(応用医工学系・寄生体学)


山口大学医学会学術講演会奨励賞実施要項

1.趣旨
本学術講演会において、優れた演題発表を行った者を、今後の更なる学術発展を期待して特別に表彰する。
2.表彰
当該学術講演会終了後、選考を行い、山口大学医学会長から2名に奨励賞を授与する。
3.選考対象者
当該学術講演会にて演題を筆頭発表した者とする。
4.選考方法
(1)候補者の選考方法
各セクションの座長がそのセクションの中で最も優れた筆頭発表者1名を奨励賞候補者として推薦する。
推薦用紙の書式は別に定める。
(2)受賞者の決定
当該学術講演会の担当幹事は、座長より推薦された奨励賞候補者の中から2名を山口大学医学会長へ推薦し、受賞者を決定する。
5.奨励賞の授与
奨励賞の授与は、次回の学術講演会の総会で行うものとする。
この実施要項は、平成16年7月17日から適用する。

HOME > 奨励賞